全身性エリテマトーデス
ぜんしんせいえりてまとーです

全身性エリテマトーデスとは

全身性エリテマトーデス

この記事はウィキペディア日本語版より引用されており、CC-BY-SA 3.0及びGNU Free Documentation License (GFDL) の下に引用されています。

よくあるご質問(Q&A)

Q/Aが登録されていません。

関連投稿一覧

遺伝子発現検査が川崎病の早期診断に役立つ - 日経メディカル

全身性エリテマトーデス

557516 l

近年では、疾患に特有の遺伝子発現シグネチャーを利用して、早期診断を可能にするための研究が行われ、結核やウイルス感染症、全身性エリテマトーデスなどの特徴が研究されている。しかし、川崎病のマイクロRNAをバイオマーカーにした研究では、エクソソームのRNAを ...

「僕は自分のためにドナーになった」という夫の言葉に思うこと - ウートピ

全身性エリテマトーデス

Morozumi10top

彼女が患っていたのは、全身性エリテマトーデスという原因不明の難病でした。その治療のため、セレーナさんに腎臓を提供したのは、女優のフランシア・ライサさん。2人は「友人間生体腎移植」を実行したのです。 このニュースは、「親友を、身を呈して救った」などの文脈で世界中 ...

免疫学: ミトコンドリアRNAの自己認識 - Nature Asia

全身性エリテマトーデス

Logo rares

... ミトコンドリアの二本鎖RNAヘリカーゼのSUV3やエキソリボヌクレアーゼのPNPアーゼが関与する恒常性機構によって阻止されており、これらは共に細胞質にミトコンドリア二本鎖RNAが蓄積するのを防いでいることが分かった。この経路の調節異常は、全身性エリテマトーデス ...

全身性エリテマトーデスに新たな経口薬登場か/Lancet - CareNet.com

全身性エリテマトーデス

Facebook

標準治療ではコントロール不十分な全身性エリテマトーデス(SLE)の患者において、経口選択的JAK1/JAK2阻害薬であるバリシチニブ4mg投与は、徴候や症状を有意に改善したことが示された。米国・カリフォルニア大学… [続きを読む]. (ケアネット). 原著論文はこちら.

JAK阻害剤「オルミエント」、主要評価項目達成 米リリー、SLE対象のP2試験で - 日刊薬業

全身性エリテマトーデス

Nikkan yakugyo logo ogp

米イーライリリーと米インサイトは、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤「オルミエント」(一般名=バリシチニブ)について、全身性エリテマトーデス(SLE)に対する国際共同臨床第2相(P2)試験で主要評価項目... この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

もっと見る
Contents
関連キーワード(症状・薬等)
オンコロ
オンコロジー(腫瘍学)をテーマにして、最良のがん医療に繋がる研究、治験や臨床試験、がんに関する様々な診療・治療情報などを配信するがん情報ポータルサイトです。がん患者やご家族だけでなく、オンコロジストを始めとする医療者にとっても、有益ながん情報を配信していきます。