もやもや病
もやもやびょう

もやもや病とは

もやもや病

この記事はウィキペディア日本語版より引用されており、CC-BY-SA 3.0及びGNU Free Documentation License (GFDL) の下に引用されています。

よくあるご質問(Q&A)

Q/Aが登録されていません。

関連投稿一覧

もやもや病の関連遺伝子、働き一端解明 脂肪蓄える役割

もやもや病

C as20190209000579 comm

脳の動脈が詰まったり細くなったりする難病「もやもや病」に関わる遺伝子は、細胞内に脂肪を蓄える働きをしていることを、京都産業大などのチームが発見した。もやもや病は国内では約1万人に1人が発病するとされる。関連する遺伝子の役割の一端が ...

もやもや病の責任遺伝子ミステリンが脂肪代謝の制御因子と判明 ...

もやもや病

05 03

東アジアで多い原因不明の難治性脳血管疾患 京都産業大学は2月1日、難治性脳血管疾患である「もやもや病」の遺伝的なリスク要因として、新規遺伝子ミステリン(別名RNF213)が脂肪代謝の制御因子であることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大 ...

もやもや病 脂肪代謝が関連?

もやもや病

Fbico ogp 1200x630

京都産業大学の研究グループが、国の指定難病「もやもや病」を発症するメカニズムの一部を特定しました。(関西テレビ) 脳の主要な血管のひと ...

もやもや病の関連遺伝子、細胞内に脂肪蓄積 治療に一歩

もやもや病

C as20190131003766 comm

脳の動脈が詰まったり細くなったりする原因不明の難病「もやもや病」にかかわる遺伝子に、細胞内の脂肪を蓄積させる役割があることを、京都産業大などのチームが発見した。発病との関連ははっきりしないが、役割の一端がわかったことで、今後、病気 ...

もやもや病の仕組みの一端解明 京産大、治療法開発へ可能性

もやもや病

Logo rares

脳の底部の血管が狭くなって血流が滞り脳出血を起こしやすくなる難病「もやもや病」のメカニズムの一端を明らかにしたと、京都産業大のグループが発表した。治療法開発につながる可能性がある。米科学誌「ザ・ジャーナル・オブ・セル・バイオロジー ...

もっと見る
Contents
オンコロ
オンコロジー(腫瘍学)をテーマにして、最良のがん医療に繋がる研究、治験や臨床試験、がんに関する様々な診療・治療情報などを配信するがん情報ポータルサイトです。がん患者やご家族だけでなく、オンコロジストを始めとする医療者にとっても、有益ながん情報を配信していきます。